2010年08月13日

ハンバーグを食べない子どもなんて

「野菜ばっかり食べてないでカレーも食べなさい!」……自分の口から出た言葉に自分で呆然としてしまう。息子は野菜と果物と牛乳と大豆製品が大好きで、カレー、ハンバーグ、グラタンなどおよそ子どもが喜ぶ鉄板メニューと思われるものはあまり食べず、餃子は皮だけが大好物で具は残す。ジュースもほとんど飲まない。ただし気まぐれなので「どうせ食べないだろうから」と少なく用意したときに限っておかわりを要求したり、他所の家にお呼ばれすると急に嗜好が変わったりする。変なところにこだわりがあるのか、昨晩もカレーでそのときは今日よりは食べたのだが、ニンジンばかり拾って食べるものだから鍋の中がほとんど肉とイモだけになってしまい。なので今日はレンジでニンジンをチンして足してちょっと煮てから出したら「こっち(最初から入っているほう)はたべる。こっち(後から足したほう)はたべない」と綺麗に選り分けていた。



そんな息子が2歳4ヶ月にして初めて(アイスたべたい、とかりんごちょうだい、とか以外で)繰り出してきた欲しいもの、それは「ペンギン」。しかも「ジェンツーペンギンがいい」んだって。「お出かけしてお家に誰もいないときはペンギンはどうするの?」「おるすばん!(即答)」そんな返事をしているうちは生き物は飼いませんよ!
posted by YUKINO MATOI at 03:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 子日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月07日

皐月の寒空、ライラックの雨

皆は楽しそうにしているけど私は楽しくないんだよ、むしろ嫌だなあ、という場合、嫌がっている本人は開き直ってさえしまえば別につらくはない。が、自分の子どもが皆がわいわいしている輪に入れなかったり入りたがらなかったりしているのを見るのは結構しんどい。いやものすごくしんどいかも。自分の事ほど容易に割り切れない。



日本人親子のための子ども会があって、妊娠中からとりあえず通った。途中から0〜3歳くらいまでの未就園児むけのサークルもできたので子が1歳を過ぎてからはそっちにも可能なかぎり顔を出した。異国で子育てをする以上、日本人の子育て仲間が一人でも多くいないことにはやっていけないと思って半ば義務のように通った。いやなことや戸惑ったこと違和感を感じたこともなかったとは言わないが、基本的にはみんな子どものことをきちんと考えているいい人たちばっかりで、仲の良いお母さん友達も何人かできて、子ども会以外でも家を訪ねたり招いたりするようになってそれなりにいい感じだった。子どもが1歳半を過ぎる頃までは。



言葉による意思表示を獲得した子ははっきりと「いや」と言うようになった。最初は「はい、ごあいさつの歌からはじめますよー」「いや!」「絵本読むよ」「よまない!」と言ってすみっこで一人で勝手に遊んでいるだけだったのだが、ここ最近は会場に足を踏み入れただけで火のついたように泣いて嫌がってドアにしがみついて離れようとしない。まるで歯医者にでも連れてゆかれる子のように。皆で動物公園に行くのはいい。仲良しのお友達の家に遊びに行くのも大好き。でも「せーの」でおゆうぎをしたり歌ったり紙芝居を見たりゲームをしたりするのは、僕は、いやなんだ。と力の限りに主張している。胸が痛くなるほどに。途方に暮れて立ち尽くしてしまうほどに。ガラスのドアの向こうでは息子と同い年の子どもたちがきちんと椅子に座ってニコニコと手拍子を売っている、その廊下で。



参加すること、参加する以上は楽しむことを義務づけられているような感じがいやなんじゃないの、子どもは基本的に枠の中で行動させられるのは嫌いだよ、と夫は言う。子どもに限らず、私だって夫だって自分達のペースで過ごしたいし、できるだけ気の置けない人と一緒にいたいし、そうでない人とはお互い気分が悪くならない程度のお付き合いができれば充分で、好きな子もそうでない子もいっしょくたにして、はい盛り上がっていきましょうねー!みんな仲良くしましょうねー!みたいな空気は大大大大大の苦手だ。苦手なんだけど。自分たちが進んでできないことを、愉快だと思えないことを、やっと2歳になったばっかりの子どもに押しつけてはいけないんだけど。でも。でもこの子に「本当に仲良しのお友達だけ大事にできればそれでいいんだよ、嫌なことはしなくていいんだよ」って伝えていいのか?それは正しいのか?親として人として?「いいから今すぐ声を大にして『行きたくなけりゃ行かなくてもいいよ』って言って泣いてる子を抱きしめてやれ!」と叫ぶ自分と「秋から保育園だっていうのに今からそんなことでどうする!それよりこの子が『嫌だ』と思わないで済む方法を探してやれ」と叱咤する自分が戦う。



週末は子ども会のバーベキューが予定されている。外は1週間以上続く雨で、道行く人はみな冬服、部屋の中は未だに暖房を入れずには過ごせず、天気予報によれば土日も雨だというのだが、最終的な決行の可否は当日の朝まで保留なのだそうだ。

ひっそりと雨天中止を願っている。どうせピカピカに晴れてたとしてもビールも飲めないし夫は仕事で不参加だからゆっくり肉焼いて味わってる余裕もなかろうしな、とふてくされているくせに、欠席の連絡を入れるのはどうしてもためらわれるひねくれ者の母である。
posted by YUKINO MATOI at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 子日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月10日

はつこいのひと

パパとママの大事なお友達、猫田ヨヨさんは、ちびすけの(たぶん)初恋の人。会えば膝によじのぼって猛烈なキスをしたり、抱っこをせがんだり。ヨヨさんが遊びに来てくれている最中、ちびすけが具合を悪くして途中で寝込んでしまい、目覚めるともうヨヨさんは帰ってしまっていて、「よよさん、よよさん…」と熱で潤んだ瞳をふらふらと彷徨わせては名前を呼んでいたこともあった。電車の図鑑を眺めては「これ、よよさんと!(乗りたい)」とニコニコ楽しそう。好物のリンゴやイチゴをかじるときも「よよさんもいちごたべるー?」と思いを馳せることを忘れない。そして昨日、食事中に椅子からずり落ちそうに端っこに座っているので、真ん中に座りなさいよ、それともお隣に誰か来るの?と聞いたらすかさず「よよさん!」とのこと。両親としてはもう何も言わずただただヨヨさんが息子と仲良くしてくださるのをありがたく思うのみなのです。
posted by YUKINO MATOI at 14:25| Comment(1) | TrackBack(0) | 子日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月26日

成長

ちびすけと、誕生日に買った椅子に「コッシー」と名前をつけた。長く広く敷設できるようになった線路を部屋中に拡げ、「コーヒー、こんぺいとう、コーヒー、こんぺいとう」とずっとつぶやいている。金平糖なんて食べたこともないのに。靴下は相変わらず「つつちた」のままで、シャボン玉のことは「しゃんぼだん」と言う。それ以外は驚くほど滑舌が良い。「みっつあげるね」とおやつを渡すと必ず「よっつ!むっつ!」とそれ以上を要求する。数を数えられるのかというと正確ではなく、「昨日で2歳になったんだよね?」「うん!にしゃい!」と指を5本拡げて見せたりするので、まだまだ。でもみっつよりもよっつの方が多くて嬉しいってことは解ってるんだな。
posted by YUKINO MATOI at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 子日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月19日

眠りの国の

子がはじめて「ぎゅうにゅうこぼしちゃった、ごめんなたい」と言えた日、半年間ちびすけのベビーシッターをしてくれた友人が日本に帰る。日差しが暖かくてコートの下があせばむ。ドイツの春はいつだってある日突然やってくる。ついこの前まで雪が積もっていたことなど知らない顔をして、水仙が、クロッカスが、いっせいに花開く。



ほとんど夜泣きをしなくなったちびすけだけれど、寝言はものすごくはっきりと大声で言うのでびっくりする。ひどく悲しそうに「さるー。さるー。」と呼ぶ日もあれば、嬉しそうに「しゅっぱつ。しんこう」とつぶやきながら眠ることも。昨夜は急に起き上がって泣きながら「あっち。あっち。ミッキーが。」とせっぱつまって寝室を出てゆこうとするのをキティと2人で真剣に止めた。何の夢を見ていたのだろう。今までの夜泣きも、泣いている理由を言葉にしたり、行動に移すだけの力がまだ備わっていなかっただけで、ずっと彼なりの物語をレム睡眠の中で紡いでいたのかもしれない。
posted by YUKINO MATOI at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 子日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月15日

子どものときにだけあなたにおとずれる不思議な出会い

何もない部屋のすみや天井を指差して息子が「おばけー。そこ。」「ここも。ちっちゃいの。いるー。」という。大人には見えない何かが見えているのね?
posted by YUKINO MATOI at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 子日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月24日

レール買い足さなきゃ

どこで覚えたものだか、息子が「しゅみ、しゅみ」とつぶやきながらぱちぱちレールを敷設しているので、「電車が趣味なの?」とたずねると「しゅみ!へへへへ!」と元気のいい答えが返ってきた。
posted by YUKINO MATOI at 15:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 子日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月09日

あたし、ねむれないの

最初はミッキーだけだったお友達が増えに増えて
数体のぬいぐるみ、自動車、電車、その他で占拠されたベッドを見て
ベックマン夫妻の『あたし、ねむれないの』を思い出しました。
posted by YUKINO MATOI at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 子日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

君を忘れない

年末に夫の実家から届いたミッキーマウスに一目惚れしたのを皮切りに
ぬいぐるみ熱が芽生えたちびすけ。
「っきー、わんわん、ぺんぺん、ぎゅー」と
これまでたいした愛着もなかった奈良美智の犬やペンギンたちを抱きしめて
一緒にベッドに入らないと気が済まない。
布団をかぶせてぽんぽんとたたいて「ねんね」と
先におともだちを寝かしつけてから眠るのがいつもの習い。

白飯に鶏肉を乗せてさらに上から白飯をかぶせて
「ねんね」とつぶやいたのには爆笑。



忘れないよ。今日の君がどんなに可愛かったか、ママは忘れない。
ノロウイルスで父も母も倒れて、しんしんと雪の積もる長い夜に
一人にこにこと飯をほおばる君にどれだけ救われたか。忘れない。
posted by YUKINO MATOI at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 子日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月29日

てんてんどんどんてんどんどん

もしも子が将来音楽方面の道に進むことになったら
君が一番始めにうたった歌は「てんどんまんのうた」だったんだよ、と教えてあげたい。

http://www.youtube.com/watch?v=BgrhEowsLYA

てーんてん!どんどんどん!てん!どん!てん!とそれはそれは賑々しく。
posted by YUKINO MATOI at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 子日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月22日

メメント・モリ

死、というものに初めて接したのはいつだっただろう。
白い腹を浮かべて動かなくなった金魚を庭に埋めたときか。
無機質に流れる「死亡」の2文字の意味を理解したときか。



ロベルト・エンケが死んだとき、誰も何も教えていないのに遺影に向って「ばいばい、ばいばい」と手を降り続けて大人を落涙させたちびすけは、車に撥ねられたタヌキに「うー、うー」と顔をしかめ「まま、だっこ」と不安げに駆け寄ってくる。

命を慈しみ、尊ぶ人に育ってほしい。

posted by YUKINO MATOI at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 子日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月04日

工作、火事

化粧品の空き箱を置いておいたら、ちびがばりばりと破いて
破片で「ぶぶー」「でんしゃー」と遊びはじめた。
ほほう、と思い、適当にボール紙に乗り物や動物を描いてやると
これが相当に気に入った様子。
画用紙に描くのと違って、これならどこへでも走っていけるからね。
次から次へと新作を要求しては
並べたり、走らせたりして楽しそう。
ヤクルトの空きビン、ラップの空き芯、ティッシュの箱、苺のパック
手当たり次第切って貼って遊んでいた母の幼き日の血をここに見たり。
この遊び、母も楽しいのでしばらく続く予定。



炎上する家、伸びるはしご消防車、くま消防士、救出されるぶた。
という絵を見てはちびすけはいつもいつも泣きそうな顔をする。
不安げに、悲しげに、何度も指をさす。
くまさんが助けにきたから、もう大丈夫だよと言っても納得しない。
「もう大丈夫」なのだったら、本を閉じて次に開いたときには火は消えていて
ぶたさんはくまさんと安全なところで笑っていなければいけないのに
本を開くたび、ぶたさんは炎に包まれた窓から悲鳴を上げ続けていて
そこから一歩も動くことができない。

……というのが納得いかなくてぐずぐずとこだわり続けているのかしらん。
たぶん、たぶんだけどね。
posted by YUKINO MATOI at 16:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 子日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月02日

語録追いつきません

一日にまとめて5〜6個新語が増えるのでもう書き留めきれません。
言えなくても理解しているものごともたくさんあって
ちびちゃんのおはなどーこだ、と聞けばちゃんと自分の鼻を指差します。

写真の象もブルーナのゾウも
パパの描くゾウもママの描くゾウも
全部「ぞー!」と判別できる能力、いつから備わったのだろう。

一方、とある絵本で、ゴリラと飼育員が並んでシルエットになっている絵を見ては「がぁがぁ(鳥類全般『がぁがぁ』です)」と言うのはなんでだろうねえ、とキティと話していたのですが、たぶんこれは帽子のつばが鳥のくちばしだと判別しているんじゃなかろうかと。

posted by YUKINO MATOI at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 子日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月13日

語録3 同音異義語 そしてピーマン

パパは「ぱぱ」、葉っぱは「ぱっぱ」、パンも「ぱっぱ」。
本人も時々混同している様子。
車は車種問わずほぼ全て「ぶっぶ」そしてブタも「ぶっぶ」。
バスは「ばっば」、長岡の母も「ばっば」
最近大好きなぶどうは「ぶーどぅー」、あればあるだけ食べたがるので
適当なところで止めないと風船のようなお腹になるまで食べ続けます。



青椒肉絲からピーマンだけ拾い出して食べる子を初めて見ました。
くどいようですが野菜が好きな子です。
posted by YUKINO MATOI at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 子日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月16日

語録2 リピートアフターミー

できた「でちたー」
ハート「はーと」
うま「うーま」
くつした「つつちた」
ジュース「じゅーちゅ」
かんぱーい「ぱー」
ばいばーい「ばいばーい」

あー母は早く君とおしゃべりがしたいよもう。
posted by YUKINO MATOI at 16:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 子日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

判明

トーマスとテレタビーズとピタゴラスイッチとクインテットが大好きで
アンパンマンにはいまいち関心の薄かったちびすけですが
何度目かのDVDを見ているうちに
ふと何かに気づいたように目つきが真剣になり
突然くるりと振り向くと両のほっぺたをぶにー、とつまんでみせたのです。
アンパンマンの手遊び歌をご存じの方にはおなじみ、カレーパンマンのポーズ!
日本人親子の育児サークルで手遊び歌だけは教えてもらったものの
今の今まで「はたしてアンパンマンとはなんぞや?」ということなど
皆目分からずにただ歌って手を動かしていただけだったはずなので
そう、そうなのよ、これがカレーパンマンなの!と
ぐしぐし頭をなでまわして喜びました。



しかしアンパンマンは観れば観るほど
真のヒーローはジャムおじさんなのだと思えてなりません。
posted by YUKINO MATOI at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 子日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月24日

愛着

離乳食の最初期からもう1年以上使っているスプーン。
シリコン製だから歯型もつき形はゆがみ首もぐらぐらで
近頃食べるような幼児食にはもう対応しきれない。
朝の慌ただしいときに間違えてそのスプーンを出してしまい
食べにくそうにしていたので、ああごめんごめんとスプーンを替えたら
世にも悲しそうに顔をくしゃくしゃにして泣き出したのでびっくりした。
飛行機のついた新しいスプーンでは嫌で
たとえ食べづらくてもよれよれの馴染みのスプーンがいいのだそうだ。
今までは何かの理由で持っていたものを取り上げられても
代替品があれば納得して興味を移していたし
泣いて抵抗などしたことがなかったので
ああ、執着心が出てきたんだなあと成長ぶりを実感した。



なにかのはずみにどうしようもなく子がかわいく見える。
「嘘だ、これは夢に違いない、
 こんなにかわいい子がうちの子のはずがない、
 こんなにかわいく産んだ覚えはない、
 なんでこんなにかわいい子がここにいるんだ?」
と一瞬混乱してしまうほどに、この子は、かわいい。

一瞬後に牛乳をこぼされて我に返る。
posted by YUKINO MATOI at 14:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 子日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月21日

語録

「ぱぱ」「まま」
語義通り。

「あーちゃ」
母のこと。キティが私をそのように呼ぶ為。

「わうわう」
犬。犬好き。にゃーにゃーも覚えてよ。

「ぶー」
車。乗り物好き。男の子だなあ。

「ぷち」「ぽち」
DVDもしくはテレビ。テレビの前でぷちーぷちーと言い出したら「観たい」のサイン。

「ちたー」
できた、の「きた」の部分を繰り返し繰り返し真似る。お腹が空いて機嫌の悪いときにごはんできたー、と言ったら、ちたーちたーちたーと跳ね回って手をぐるぐる振り回して手のつけられない大興奮。そのわりに食べてくれなかったのでしょんぼりした。



いつでもどこでも遊びたいのが1歳児なのだが、昼寝から目覚めてすぐのぐずぐずのときに泣きながら寝ぼけた目でおもちゃのカートを押しながらふえぇん、ふえぇんとてきぱき遊びはじめたのが面白かった。
あと昼寝から覚めて同じく泣き声が聞こえたので様子を見に行ったら(自分ではまだドアは開けられない)、ドアが開くや否や半分閉じた目のままでまっすぐ寝室を出て私の仕事場に直行、いつも私のいる椅子の側で立ちつくして「まま、ままぁ」と泣きわめいていたこともあった。ママは今きみを迎えに行ったじゃないか……。

posted by YUKINO MATOI at 15:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 子日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月09日

時々母を「あーじゃ」と呼ぶのは

どうやらキティが私を呼ぶのを真似ているらしい。



1歳を過ぎるとその子その子で出来ることとそうでないことの差がものすごく顕著なので、いちいち比べて焦ったりはしないけれど、よその子が出来ないことが出来たり、その逆だったりするとやはり驚く。

言葉数は少ないけれど「うん」と「ううん」をきっぱりと使い分けるちびすけ、少し複雑と思われる質問をしてもきちんと理解しているよう。例えば「公園で少し遊んでからお買い物に行きたい?それとも今はお買い物だけぱぱっと済ませておうちでテレタビーズ観て、公園で遊ぶのは夕方にする?」やや混み入った2択でも一生懸命首を傾げて考えて答えるのですねー。大人も適当なこと言えません。

食には並々ならぬ意欲があるようで、血抜きさえきちんとしてやればレバーだってぱくぱく食べる。好物はそれこそ至福の極みのとろけそうな顔で食べるし食器にもうるさい。子ども用のプラスチックの皿やコップではなく大人と同じ器を要求し、言われるがまま陶器や漆器やガラスの器に盛ってやると断然食べる量が違う。スプーンやフォークですら最近ようやく上手に持てるようになったばかりなのに、もう箸を使いたがる背伸びっぷり。「いただきます」と「ごちそうさま」のできる行儀の良い子です。
posted by YUKINO MATOI at 15:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 子日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月19日

リンク

みどりに塗られたパズルの穴に
みどりの積み木だけを集めてきて押し込む。
テレビで見た体操を真似てみせると
テレビの前に走っていって電源を入れる。
ねこの鳴きまねをすれば『こねこがにゃあ』を持ってくるし
おもちゃのレールの上には
車輪のついたおもちゃをありったけ全部乗せる。

わかってる。ちゃんとつながってる。すごいな。



子は鼻の頭にきゅううっと皺をよせて笑う。
幾筋も薄く皺の跡のついた寝顔を見て安堵する。
posted by YUKINO MATOI at 15:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 子日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。