2007年04月15日

本名

渡辺満里奈の本名。
カタカナで書くとナグラマリナ。
なんだか夢野久作っぽい響きではありませんか。
posted by YUKINO MATOI at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月21日

Call me, please

いかにも「雑貨」然としたファンシーな小物には
もうそんなにお金を使いたくはないのです云々
と申し上げた舌の根はもう乾いたか。乾いたね。大丈夫。

1699_3425.jpg

携帯電話につないで使うこの真っ赤でレトロな受話器で
オールド・スクール・スタイルに戻って
おしゃべりを楽しむことができます(下記サイトより直訳)


いつでもどこでも気分は70年代。
指で受話器のコードをクルクルしながら。

http://fredflare.com/
posted by YUKINO MATOI at 18:23| Comment(1) | TrackBack(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月18日

イタリアン、ウィキベディアデビュー

http://ja.wikipedia.org/wiki/イタリアン

「イタリアン(新潟)」って。
posted by YUKINO MATOI at 19:47| Comment(0) | TrackBack(1) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月08日

金魚だったらもっといいのに

pic_koi_big4.jpg

乱雑な机の上を飾り付けることにそもそもあまり意味はないですし
いかにも「雑貨」然としたファンシーな小物には
もうそんなにお金を使いたくはないのです。年齢も年齢ですし。
でもこのマウスはいいなぁ。

http://www.pat-says-now.com/
posted by YUKINO MATOI at 06:53| Comment(0) | TrackBack(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月02日

ドラマのだめ

10年以上前、まだ松本人志が坊主にする前の『ガキの使いやあらへんで!』に
「松ちゃん電撃!? 2まわりのうさぎ年!」というネタがあり(ビデオにも収録)
どうせ結婚するなら笑いが取れるほうが芸人として本望である
なんなら2まわりくらい年上のババアと結婚したる、と松ちゃんがのたまうのです。

ドラマ『のだめカンタービレ』Lesson5に挿入された
「略奪愛!! 松本人志(43) 65歳女性と結婚」記者会見の映像は
絶対にこのネタからの引用だと確信しているのですが。
もしかして日本でまだ我々夫婦しか気づいていないのではというくらい
どこにも言及がありません。誰か正しいと言って!そして驚いて!
posted by YUKINO MATOI at 22:33| Comment(1) | TrackBack(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月28日

ガガガガガガッと

高速回線の導入でYouTube等の動画サイトや
Flashつきの重いサイトを観るときのストレスがほぼなくなったので
気になってはいたものの放置していた記事をあちこち巡回。
町山智宏さんのブログで少し前に見つけた映像がやっと観られました。

http://d.hatena.ne.jp/TomoMachi/20061207

銃マニアでもなんでもない私でも
これがすさまじく格好良いことくらいはわかります。
リボルバー1丁あれば1人で弾幕が張れるだなんて凄すぎる。
援護される身としては打ち手の好みより実効制圧力が問題なのです。
リボルバーにこだわりたいのならトグサもこれくらい装備するべきです。
posted by YUKINO MATOI at 06:26| Comment(0) | TrackBack(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月31日

首に注意。風が吹くと持っていかれます

パリ・オートクチュール、2007年春・夏コレクション。
Ricardo Tisciをインスパイアしたのは
芸者でも聖母像でもバロックスタイルのコスチュームでもなく
なんと「笑ってコラえて」の所ジョージ氏なのです。間違いありません。
だって帽子が!
posted by YUKINO MATOI at 03:23| Comment(0) | TrackBack(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月25日

ぼくのプリンタはhpなんですが

マイミクのケイカさんのところで教えてもらった
Canonのペーパークラフトのコーナーが凄い。

かなりの完成度であることはもちろん
多岐にわたりすぎているその作品の選択が素晴らしい。
我らがドイツのノイシュヴァンシュタイン城や
憧れのモン・サン・ミシェルも紫禁城も
マンタもマッコウクジラも火山の断面模型も
招き猫も着せ替えできるテディベアも
全部A4の紙にプリントして組み立てられるようになっているのです!

紙モノをこよなく愛する人間にとってはたまらない魅力。
ただし私は組み立てる前のペーパークラフトが大好き、という
世にもふやけた人間なので
今のところプリントアウトだけを見てにやにやしています。



そういえば『塊魂』のサイトにあった
「空飛ぶ王子」のペーパークラフトは衝撃的な可愛さであった、と
思い出してアクセスしてみたら閉鎖されていてショックー。
posted by YUKINO MATOI at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月29日

緑を志向する

浴衣を着られるときに着ておいてよかった。
あれから気温は日々下がる一方。
8月中にもしかしたらもう一度暑くなるかも、と
僅かな望みをつないでいたけれど
今日、再び暖房のスイッチを入れました。

留守にしていた間にすっかり荒れてしまったベランダを復旧するべく
緑を足そうと思っていた矢先にこんなの発見。
http://www.benelic.com/donguri/goods/2006/07/g-planter.html
http://www.benelic.com/donguri/goods/2006/01/planter.html

こちらは室内向け。
可能ならば葉肉の厚いくすんだ色の鉢植えを集めて
その下に配置して室内を腐海にしたいけれどそんな場所はない。
http://www.benelic.com/donguri/goods/2005/10/sprout.html

LED内蔵で目が赤く光る怒りの王蟲の小物入れも。
http://www.benelic.com/donguri/goods/2005/12/fantasy.html

コダマやタタリ神のガーデンピックなども扱う。
(土に挿して庭や鉢植えをデコレーションにする)
秀逸なのはトトロのガーデンピックセットを
笹の葉と紐でくるんでおみやげ包みにして売っているところ。
鎌倉に行ったときに立ち寄っておくべきだったか。

ここの人はロボット兵と王蟲と飛行石にとても思い入れがあるらしい。
posted by YUKINO MATOI at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月04日

息を深く吸い込むことも出来ずに

動悸が激しくなる。
胃がせり上がってくるように苦しい。
目眩がして、世界の音がまた少し遠くなる。

足元は明るくはないけれど覚束ないほどではない。
遠くには光が見えているのだから行く先を見失う心配など要らない。
赤い糸は細く後ろに延びて、糸玉はしっかりと手の中。
いつでも戻れるし、好きなだけ進める、はず。
こわくないこわくないこわくないこわくないこわくない。

だけどそこへ、一人で行くのは、さみしくて、こわい。
posted by YUKINO MATOI at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月12日

美しき水

Ice Lens Photography.

氷で出来たレンズ越しに撮った写真のサイト。
流体としての水越しに見る景色とは、まるで違う時間が流れている。
氷漬けになったら、世界はこんなふうに見えるのだろうか。

http://duggmirror.com/design/Taking_photos_with_a_lens_made_of_ice_/

それにしてもどうやってカメラに装着しているのだろう。
カメラごと冷え冷えにしているのだろうか。
あまり寒くはなさそうな場所で撮った写真もあり、気になる。



ダム穴。

アンチ・オーバーフロー。溢れ防止装置。
水がダムの容量を超える前に放水するための、いたってシンプルな装置。
湖面に突如現れる、滑らかで真ん丸な穴。美しい。怖くて美しい。

http://www.ebimemo.net/diary/?date=20060608
posted by YUKINO MATOI at 03:01| Comment(0) | TrackBack(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月02日

ああ今年もこの季節が来てしまいました

“FUJI ROCK FESTIVAL'06”

【日程】7/28(FRI)、7/29(SAT)、7/30(SUN)
【会場】新潟県 湯沢町 苗場スキー場
【チケット】3日間通し券:39,800、1日間:16,800(各日とも限定10,000枚)
【出演】
Broken Social Scene
FRANZ FERDINAND
KILLING JOKE
MOGWAI
North Mississippi Allstars
大江慎也
RED HOT CHILI PEPPERS
ROGER JOSEPH MANNING JR.
SCISSOR SISTERS



“SUMMER SONIC 06”

【日程】8/12(SAT)、8/13(SUN)
【会場】
東京:千葉マリンスタジアム/幕張メッセ
大阪:WTCオープンエアースタジアム/INTEX-OSAKA/ZEPP OSAKA
【開場/開演】9:00/11:00
【チケット】
東京:1日券:14,500/2日通し券:26,500(税込・ブロック指定)
大阪:1日券:13,500/2日通し券:24,500(税込・ブロック指定)
【出演】
METALLICA
LINKIN PARK
THE FLAMING LIPS
DAFT PUNK
MASSIVE ATTACK
MY CHEMICAL ROMANCE
STONE SOUR
LITTLE BARRIE
10 YEARS
TWO GALLANTS
65DAYS OF STATIC
PLAN B
LADY SOVEREIGN



以上が今日までに発表になった分。
ざっと調べた範囲内ではMOGWAIが4月
Red Hot Chili Peppersは6月
LINKIN PARKも2006年中には来独公演予定。
問題は日本のアーティストの動向と
今後続々と発表されるであろう出演決定ラインナップ、そして
単独公演ではチケット買わないけど気になるアーティスト
この機会に生演奏を聴いておきたいアーティストのこと。



【堤防決壊の主なキーワード】
Bjork
東京事変
クラムボン
UA
つじあやの
小島麻由美
渋さ知らズオーケストラ

「チケット買っちゃった」
「ユキノは帰ってこないの?」
「苗場、地元じゃん」

posted by YUKINO MATOI at 09:34| Comment(0) | TrackBack(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月18日

ものすごく憧れて、一生口にできない言葉

「丈夫なだけが取り柄です。」
posted by YUKINO MATOI at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月05日

十遍繰り返せ

僕は欲ばりだ僕は欲ばりだ僕は欲ばりだ僕は欲ばりだ僕は欲ばりだ
僕は欲ばりだ僕は欲ばりだ僕は欲ばりだ僕は欲ばりだ僕は欲ばりだ

だから、僕は僕の欲しいものが欲しいんだ
posted by YUKINO MATOI at 07:07| Comment(0) | TrackBack(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月10日

“20世紀フォックス・ファンファーレ”から入ってるんだぜ

ウクレレ・フォース
〜スター・ウォーズ ベスト・カバーズ〜

帝国のマーチ(ダース・ベイダーのテーマ)
通称“やる気のないダースベイダーのテーマ”収録

http://www.geneon-ent.co.jp/music/ukulele/gncl1029.html



欲しい。欲しいよ!
posted by YUKINO MATOI at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月18日

日本のみなさま

チケット取りました。JALで帰ります。

8/20(日) JL 408 15:20 成田着
9/6(火)JL 407 18:00 成田発
マイレージがなかなか貯まりません。
posted by YUKINO MATOI at 16:02| Comment(3) | TrackBack(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月25日

孤独に歩め 悪を為さず 求めるところは少なく 林のなかの象のように

求めるところ多くしてうんにゃらうんにゃら、という箴言があったように思い
正確に思い出せなかったのでグーグル先生に聞いたらこっちが出た。



出典:仏陀『ブッダの感興のことば』第十四章「憎しみ」より
posted by YUKINO MATOI at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月31日

アンティーク話の追記

少し前に彫漆という技法を知った。
色味の違う漆を幾重にも塗り重ねたものに彫りを施す技法。
彫りかたによって縞模様や渦巻模様、マーブル模様などが現れ
漆の艶となめらかさが存分に生かされていて大変に美しい。

これと同じことを、セルロイドでやっている人がいた。
リア・スタン(Lea Stein)。フランスのアクセサリーデザイナー。
1960年代から70年代頃のボタンがここで見れるので、是非見惚れて頂きたい。
(トップページ左の「Special」をクリック)
昔遊んだ玩具のような色合いが何ともいえず繊細で、素敵。
posted by YUKINO MATOI at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。