2010年10月25日

記録その2

長文です。



夫が不在がちどころかまともに家にいる日のほうが少なかった妊娠後期、夫の留守に急に産気づいたら、あるいは容態がおかしくなったらどうしようというのが最大の心配事だった。そんな中で出産までに済ませておかねばならない仕事、産休に入れそうで入れない、ずるずると片付かない仕事の山、家の中の雑事に頭を抱え、身重の体でちびすけと2人向き合わざるを得ないハードなワーキングシングルマザー状態によれよれ、ぼろぼろになり、声を上げて一人涙をこぼしたり息子にわめき散らしたりしている間にあっという間に月が満ちてはまた欠けていった。

嵐は過ぎてこそ振り返ることができるもので渦中にいるときは毎日が無我夢中だったが、気がつけば夫は家に戻り、息子は保育園に通い、机の上に堆く積まれていた仕事の山は片付いて、ラズベリーリーフティーを飲みながらのんびりとキーを叩く薄暗い初冬の静かなひとときすらそこにはある。家の中を掃除し、壁のペンキを塗り替え、家具を整え、新しい服やスタイを縫い、久しくなかった夫と2人での外出、家族3人で買い物をし、公園を歩き、食卓につく、凪のように穏やかな日々。いつも家にいる父親が暫くいなかったせいで、母親べったりになっていた息子が元通りパパ大好きになるまでに充分な時間。当たり前に家で心身を休めることのできる時間。足りなかったものが満たされ、くたくたになったものが回復してゆく時間。

それら全てを与えてくれたのはお腹にいるこの子。
本当に親孝行な優しい子だと思う。
ちびすけがまだ保育園に慣れられずに不安定だったときも、中耳炎を起こして病院に駆け込んだときも、じっとお腹の中で待っていてくれた。

だから、もう「お願い今日だけはまだ出てこないで」なんて言わないから、いつでも好きな時に出てきていいんだよ。何があってもちゃんと迎えに行くからね。ごめんね。君がお腹にいるのにしょっちゅう怒ったり苛々したり泣いたり落ち込んだり疲れを溜め込んだり、食事だけはかろうじて気をつけてたけど、どう考えてもあんまり君に優しい生活してなかったね。君はいつだってびっくりするくらいいい子だったのに、ごめんね。あんまりいいママじゃなくてごめんね。

それでも君に会えるのをずーっとずーっと楽しみに待ってたんだよ。これでもさ。



さて、以下は安定期に入った春の終わりくらいに書いたもの。



子どもを含めた立ち会い出産を考えている。

今回も夫に立ち会ってほしいが、出産の際にちびすけ一人を蚊帳の外に置きたくはなく、さらに実家に子どもを預けるという選択肢が無い以上、夫が彼を連れて分娩室に来てくれないと夫が生まれたての子の顔を見られないので。

で、ちびすけに「あのね、秋になったらちびびがママのお腹から出てくるけど、出てくるところ見たい?」と訊ねたら、今まで見たこともないほど固く張り詰めた顔で「見ない!見ないよ!」と拒まれた。本能的に怖いのだと思う、多分。

夜中でも駆けつけてくれてちびすけの面倒を見てくれるベビーシッターさんを確保するか。もしくは私が一人で出産に臨むか。帝王切開一歩手前で(もっと苦しかった人はいくらでもいるとはいえ)安産とは言い難かった前回、痛みにも増して「こんなにも痛いのにお産が全っ然進まない、先が見えない」ことの恐怖にのたうちまわったことを考えるとそれは心許ないなあ。

余話。
お産のことを詳しく説明せずに「母子ともに健康」と伝えると自動的に安産だったと理解されるみたいで、実際にそういうケースも多いのだろうけれど、詳細を知らない人に「前回も安産だったっていうし今回も大丈夫でしょ」みたいなことを言われるのってものすごく嫌。痛みは、恐怖は、相対化できないんだよ。あの痛みと恐怖に耐えられるのなら麻酔なしで盲腸の手術が受けられるなあ、と本気で思う。だって盲腸の手術だったら盲腸切り取るところまで耐えたら終わるじゃん!



と、余話含め数ヶ月前に書いたのはここまで。
親バカ以外の何物でもないのかもしれないけれど、10ヶ月も一緒にいると子との間に信頼感みたいなものが生まれるらしく、心持ちは「うちのちびびはきっとそんなに変なタイミングでは出てこないだろうし、いつその時が来ても私はそこそこきちんとやってのけられるだろう」というそれなりに腹の据わったものへと変わりつつある。喜んで、とまではいかないがいざとなれば一人で産みに行く覚悟はあるし、ここまで家族みんなの気持ちを汲んでくれた子だもの、私や夫やちびすけが困り果ててしまうような産まれかたはしないんじゃないかなあ。たぶん。何があっても取り乱さないで済むだけの気持ちの余裕を与えてくれたのは他ならぬお腹の中のこの子なのだし。ちびすけだって私のお腹が大きくなるにつれて「もうすぐ家に自分より小さい人がやってくる」という事実を少しずつ少しずつ彼なりに咀嚼して受け入れてきたように思える。ふんぞりかえって小さなぺたんこのお腹を突き出しては「ちびちゃんもおなかにあかちゃんいるの、いまうごいてるよ、さわってみる?」という息子。夜は母のお腹をまくってはそっと撫でたり、眺めてみたり、「あったかいねえ」とつぶやいて眠りに落ちる息子。体のあちこちが痛くて呻いていると「だいじょうぶ?どこがいたいの?おくすりのむ?いたいのとんでけーする?ばんそうこうは?」と涙が出るくらい甲斐甲斐しい息子。



こうしている間にも時折下腹がぎゅうっと絞られるように強張る。
3人家族の生活も、あと、ちょっと。
posted by YUKINO MATOI at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。