2010年05月19日

炎上

生まれて初めて間近で火事を見ることになった。路電に乗ろうと歩いていたら建物の向こうに真っ黒な煙が見えて、停留所のある交差点まで出たら改築中の旧大学図書館の屋根が炎を上げて燃えていたのだ。音も立てずにただもくもくと。化学物質の燃える重たい匂いがして、肌寒い日だったのに道の向こうから吹いてくる風だけが暖かかい。気がつくと交差点は人であふれていた。集まった人たちはみな一様に静かで、不謹慎に面白がるでもなく、無闇に怖がるでもなく。無表情に携帯カメラをかざしたり、電話をかけたり。図書館はおそらく少数の改装スタッフの他はほぼ無人で、中から逃げ出す人の姿もなく、交差点に集まった人たち(それも人混みと呼べるほどではなかった)と黒煙を上げ続ける図書館の最上階の他はまるで普段と変わらない、淡々とした光景。不思議だった。驚いた。30分後に路電から遠く眺めた時にはもう火は消えていて、下から見える部分にほとんど被害はなくて、交通規制の柵と数台の消防車がなければ何が起こったか全く気づかない人もいただろう、あっという間の白昼夢のような出来事だった。



子どもが一緒だったのだけれど、大好きなはしご車やポンプ車が大活躍している現場なんて実際に見ないで済むのならそれに越したことはないのだと思った。だいいち現場は危ないしな。



ところで妊婦が火事見ちゃうと痣のある子どもが生まれるんだっけ?「身籠ってる人がのこのこ火事見物なんか行っちゃダメよ」という戒めを込めた迷信であると思いたい。えーん。見たくて見に行ったんじゃないもーん。
posted by YUKINO MATOI at 01:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。