2010年05月15日

衣偏 その1

自分で少しずつ服を選んで買い揃えたり作ったりしてコーディネートできるようになった10代前半の頃からかれこれ十数年以上、基本的にワードローブの組み立てが変わっていない。着古したものもう着ないものをまとめて処分して、では何を買い足そうかと考える時に選ぶアイテムにびっくりするくらい変化がないのだ。表面上はあれこれとっかえひっかえしているように見えて、基本的な構成要素は同じまま。ファッション誌のストリートスナップにはよくトップスは○○でボトムは●●、ミュールとバッグは××で買いましたとか書いてあるけど、私はいますぐあなたの外側にあるもの全部ひっぺがして見てみたい。あなたの財布やバッグや本棚の中身もブラウザのブックマークも全部裏返しにして、すっぱだかのあなたが何を身に付け何を選び何を纏ったら今のあなたになるのか、それを見てみたい。教えてほしい。自分の外側にあるものをいっぺん全部放り投げてもう一度下着から靴下からことごとく選び直してみたい。それでも今と全く同じ格好になりそうな気がしないでもないところがなんともむずむずするのだけれど。
posted by YUKINO MATOI at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 考え事の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。