2010年05月07日

皐月の寒空、ライラックの雨

皆は楽しそうにしているけど私は楽しくないんだよ、むしろ嫌だなあ、という場合、嫌がっている本人は開き直ってさえしまえば別につらくはない。が、自分の子どもが皆がわいわいしている輪に入れなかったり入りたがらなかったりしているのを見るのは結構しんどい。いやものすごくしんどいかも。自分の事ほど容易に割り切れない。



日本人親子のための子ども会があって、妊娠中からとりあえず通った。途中から0〜3歳くらいまでの未就園児むけのサークルもできたので子が1歳を過ぎてからはそっちにも可能なかぎり顔を出した。異国で子育てをする以上、日本人の子育て仲間が一人でも多くいないことにはやっていけないと思って半ば義務のように通った。いやなことや戸惑ったこと違和感を感じたこともなかったとは言わないが、基本的にはみんな子どものことをきちんと考えているいい人たちばっかりで、仲の良いお母さん友達も何人かできて、子ども会以外でも家を訪ねたり招いたりするようになってそれなりにいい感じだった。子どもが1歳半を過ぎる頃までは。



言葉による意思表示を獲得した子ははっきりと「いや」と言うようになった。最初は「はい、ごあいさつの歌からはじめますよー」「いや!」「絵本読むよ」「よまない!」と言ってすみっこで一人で勝手に遊んでいるだけだったのだが、ここ最近は会場に足を踏み入れただけで火のついたように泣いて嫌がってドアにしがみついて離れようとしない。まるで歯医者にでも連れてゆかれる子のように。皆で動物公園に行くのはいい。仲良しのお友達の家に遊びに行くのも大好き。でも「せーの」でおゆうぎをしたり歌ったり紙芝居を見たりゲームをしたりするのは、僕は、いやなんだ。と力の限りに主張している。胸が痛くなるほどに。途方に暮れて立ち尽くしてしまうほどに。ガラスのドアの向こうでは息子と同い年の子どもたちがきちんと椅子に座ってニコニコと手拍子を売っている、その廊下で。



参加すること、参加する以上は楽しむことを義務づけられているような感じがいやなんじゃないの、子どもは基本的に枠の中で行動させられるのは嫌いだよ、と夫は言う。子どもに限らず、私だって夫だって自分達のペースで過ごしたいし、できるだけ気の置けない人と一緒にいたいし、そうでない人とはお互い気分が悪くならない程度のお付き合いができれば充分で、好きな子もそうでない子もいっしょくたにして、はい盛り上がっていきましょうねー!みんな仲良くしましょうねー!みたいな空気は大大大大大の苦手だ。苦手なんだけど。自分たちが進んでできないことを、愉快だと思えないことを、やっと2歳になったばっかりの子どもに押しつけてはいけないんだけど。でも。でもこの子に「本当に仲良しのお友達だけ大事にできればそれでいいんだよ、嫌なことはしなくていいんだよ」って伝えていいのか?それは正しいのか?親として人として?「いいから今すぐ声を大にして『行きたくなけりゃ行かなくてもいいよ』って言って泣いてる子を抱きしめてやれ!」と叫ぶ自分と「秋から保育園だっていうのに今からそんなことでどうする!それよりこの子が『嫌だ』と思わないで済む方法を探してやれ」と叱咤する自分が戦う。



週末は子ども会のバーベキューが予定されている。外は1週間以上続く雨で、道行く人はみな冬服、部屋の中は未だに暖房を入れずには過ごせず、天気予報によれば土日も雨だというのだが、最終的な決行の可否は当日の朝まで保留なのだそうだ。

ひっそりと雨天中止を願っている。どうせピカピカに晴れてたとしてもビールも飲めないし夫は仕事で不参加だからゆっくり肉焼いて味わってる余裕もなかろうしな、とふてくされているくせに、欠席の連絡を入れるのはどうしてもためらわれるひねくれ者の母である。
posted by YUKINO MATOI at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 子日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/149156110
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。