2010年03月26日

和皿

Twitterで見つけた「こころを潤す紙の器」WASARA
手びねりの器のような柔らかくシンプルなフォルム、竹と葦とサトウキビのやわらかな質感。これ全部紙の器なんだ、と驚いた。薄墨や呉須をさっと刷いたり、古伊万里のように細かく模様を描いたら楽しかろうな。でも絵の具がのるということはワインや醤油も染みてしまうのかしら、柚子胡椒や擦り胡麻の粒粒が繊維に入り込んで食後が見苦しかったりしないかしら、と使い勝手も想像する。というか個人のパーティーレベルでこれを使える素敵なシチュエーションがあまり思い浮かばない。食器は使い捨てでよく、しかし普通の紙やプラスチックの皿では味気ないので少々奮発してこれを選ぶ、という状況。要は普通の紙皿との差が大きすぎるそのお値段である。消費するより、先述のごとく絵を描くとかエンボスを押すとか透かしを入れるとか、何か紙ならではの素敵な加工を施して楽しむ素材として考えたくなる。
これがもう少し使い捨てにしてもお財布が傷まない値段だったらな…と思うと、なんとなく古き佳き無印良品を思い出さずにはいられない。昔の無印だったら出来たのではないだろうか、このように清々しく美しく、かつ低価格の紙皿や紙コップ。今の無印の食器コーナーに行ってもちっとも楽しくない。本当によく考え抜いてこの形と値段なの?という気がする。



ところで呉須の字が解らなくて「陶芸 ごす」でググろうとしたら検索ボックスの下に「陶芸 合コン」って候補が出たんですけど、なに、そんな合コンあんの?
posted by YUKINO MATOI at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。