2009年03月27日

思い出

どんな内容の文章であれ、いつも穏やかで淡々としておられた伊藤さんが
珍しく語気を荒げて憤りをあらわにしたことがある。
さる8月のことである。

病に冒されぬ体には想像するより他ない。

必死だったのだ。
振り絞っていたのだ。
限りある、その一日一日を。
posted by YUKINO MATOI at 15:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月26日

ありがとう、さようなら

伊藤計劃さん、あなたの紡ぐ物語を私はもっと読みたかった。
なんて言っていいのかわからない。
あなたの生を誰がどう肯定しようと
あなたの命は奪われてしまった。

お別れです。
あなたが遺してくれたものを
あなたが標した生の軌跡を
大切に抱えて生きてゆきます。



ありがとうございました。



伊藤計劃:第弐位相
http://d.hatena.ne.jp/Projectitoh/
posted by YUKINO MATOI at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月24日

しらしらと明けてゆく空を見上げながらキーをたたいています。
ガッチガッチとおそろしく大きな音で時を刻んでいた分娩室の時計を思い出しています。
出産が進みそうで一向に進まない中、夜勤の助産師さんが帰ってしまい
引継ぎに来た朝勤の助産師さんに
「このお産が終わるまでここにいさせてください」と宣言した
(のだそうです。私に気づく余裕はなく後でキティからそう聞きました)
助産師研修生のはりつめた顔を思い出しています。

長い長い夜が終わって、子が外へと進みはじめてからは全てがあっという間だったなあ。



春が終わり夏が来て秋になり冬を越え。
また春がめぐってくることのおどろき。
去年咲いた花が同じようにまた咲くこと。
大切なものを何一つ損なうことも失うこともなく
ぐるりと一回りして、またこの季節に帰ってきたこと。

すごいよ。
人が歳をとるってすごいことだよ。



雨がぱたぱた鳴っていたのに雲が切れてきました。
今日は青空であってほしい。
2008年3月24日の朝は目にしみるような快晴だったから。
posted by YUKINO MATOI at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月23日

面白いというか

意外に思い当たる節が多すぎてげんなり…



初恋の人からの手紙
http://letter.hanihoh.com/

ゆきの、ひさしぶり。
もう油性マジックのニオイをかぐクセは治りましたか?「いいニオイだからかいでよ♪」と言っていたゆきのをなつかしく思います。

泣きじゃくるゆきのが「これ以上振り回されたくないから別れる」と言って自分から連絡を断ったあの日から、もう12年が経ったんだね。月日が流れるのは早いものです。

あ、そうそう、手紙を書いたのは何か理由があるわけではないんだ。ただなんとなく学校の前を通ったらなつかしくなって、思いつくままに書いてみようと思い立っただけ。驚いたかな。

思い返してみると、あのころは二人とも子供っぽかったなぁという印象があります。ゆきのは毎晩のように電話しては文句を言ったり泣いたりしていたし、「大丈夫だよ。好きだよ」といくら言ってもなかなか聞いてくれませんでしたね。どう言えばよかったのか今でもよく分かりません…(苦笑)。

そういえばゆきのにとっては初恋だったのかな?だからか、付き合う前から慎重で、いろいろ確認していましたね。「デート代は割り勘?」「キスは付き合って何ヵ月後の予定?」とか質問されて、返答に困ったのを覚えています。探りすぎ(笑)。

まだ付き合ったばかりのころ、ゆきのはやたらと「絶対に別れないって約束して」と迫ってきましたね。おれは「おう、約束するよ」などと言っていましたが、内心「うっ…」と思っていたのをよく覚えています。約束を破ってごめんなさい。

ゆきのと付き合えて本当によかったなぁと思うところは、わりとネガティブな人の気持ちが分かってきたことです。それにより自分の包容力も多少は強化されました。どうもありがとう。

いろいろ書いたけど、おれはゆきのが大好きでした。これからもゆきのらしさを大切に、それとそろそろ彼氏の財布からお金盗むのはやめて(笑)、これからもっと幸せになってください。

またいつか会いましょう。では。

P.S. そういえば犬にへそのニオイを嗅がせる遊びをしていましたね…。



分析結果を読んでさらにげんなり。
分析結果
posted by YUKINO MATOI at 21:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月20日

せめてそっと掬い上げようと

引越しが好きで、苦手だ。
ものを捨てるのが好きで、苦手だ。

一つところにずっといるといろいろなものが溜まるから
要るものと要らないものをより分けて
要るものだけを持って新しい場所へ移る作業は、好き。
ピーリングして一皮むけたあとの心地よさと同じ。

縁あって家にやってきて同じ時間を過ごしたものを
おしまいまで使い切ってぽんと手放す瞬間も、好き。
たとえそれがシャンプーのひとびんであっても。

こまるのは、要るものと要らないものとは
そんなに簡単にわけられないよ、ということ。
そして、折々に不要品を捨ててゆくのとは違って
ずっとそこに居たものがいっせいにぽろぽろと居なくなってゆくのは
とても心細く、心もとなく、疲れる、果てしなくさみしくなってしまう作業だということ。



友達が引っ越す。
知っている光景がみるみるうちに姿を変えてゆくのは
新しく、さっぱりとして、気持ちよく、だけどやっぱりさみしい。
posted by YUKINO MATOI at 17:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パイナポー

こんなことをいちいちブログに書くなんて
我ながらしょうもないし決して品位ある行為とは言えないんだけれど
うちの大家さんの友人知人親類縁者は絶対にここを読んだりしないと断言できるし
あんまりにも気になるから、そしておもしろいから書くよ。

うちと大家さんとでは生ゴミのバケツを共有しています。
で、ここのところ毎日、パカッとフタを取ると甘い濃厚な香りがする。

パイナップル。

でんと鎮座まします丸々としたパイナップル。

最初まるごと捨ててあるのかと思ったけどそんなことはなく
くり抜き器で中身だけを筒状に切り出しているので
ちょうどカボチャランタンのようにきれいに身を除かれた皮だけが
来る日も来る日もごろんごろんと捨ててあるのです。 
少なく見積もっても週に5〜6個ほどは。

ちなみに大家さんは悠々自適年金生活の独居女性です。

たぶん
1、パイナップルダイエット中
2、パイナップル農家の親戚が豊作で尋常ならざる量を送りつけてきた
3、パイナップルを供物に夜な夜な何かの儀式をしている
のどれかです。2だったら声かけてくれれば手伝うのに。
posted by YUKINO MATOI at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月17日

つきものがおちたように

主体はわたし
痛いのはわたし
苦しいのはわたし
それがわたしの選んだたいせつなしごと
代わりのきかない誰にもできないしごと

ただそれだけのことを受け入れるまでに
なんと1年近くかかってしまったよ。
どれだけ私は甘えてきたのだろう。
遅いけれど遅すぎはしないと信じたい。

飲み込んだ、否、飲み込もう、と決めた日の夜に高熱が出て
次の日は授乳以外何もせずにひたすら横になって過ごした。
キティに連れられて買い物に出た子は
久しぶりに大好きなブレッツェルを買ってもらったのが嬉しかったようで
帰るなり横にニコニコと寄り添ってブレッツェルをちぎっては母の口に運ぼうとする。
やさしいね。いいこだね。ありがとう。

早めに手を打って徹底的に何もしなかったのが効いたのでしょう。
熱は1日で下がりました。
posted by YUKINO MATOI at 16:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月15日

500色の呪い

10万個が完売した「500色の色えんぴつ」が復刻
http://news.walkerplus.com/2009/0314/2/

FELISSIMO 500色の色えんぴつ
http://www.felissimo.co.jp/contents/html/colors/

揃えたくて集めたくて狙いのものが手に入らなくて諦められなくて、もう一回。
ガシャポン、食玩と同じ呪いがフェリシモにもかかっています。
でもこれは全20回ハズレなしでしょう?1回たったの1500円(+送料)でいいんだよ?

実家宛に届くよう申し込む気まんまんで、クレジットカードが使えないことに気づく。
7月に一時帰国するのでとりあえず6月分だけ立て替えてもらって
あとは親に現金先渡しして支払いを頼むか。
posted by YUKINO MATOI at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

二足歩行

子がチトチトと歩きましたよ!祝ってください。
posted by YUKINO MATOI at 01:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 子日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月13日

やりきれなさの先にあるもの

被害者の母にも加害者の母にもなりたくない。
だけどそのために何をすべきなのかわからない。
途方にくれる気持ちは変わらない。
暗澹たるやりきれなさも変わらない。
だけどもう子を抱いてへたりこんだりしないよ。
この子が私を強くしてくれた。
この手を引いて歩くのだ。
posted by YUKINO MATOI at 05:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。