2006年04月29日

おしりがいてて

パリの道を華麗にローラーブレードで通学しているというu-ya先輩に感化されて
冬の終わり頃からずーっと「今年はローラー」と宣言していたのをやっと購入。
透明なタイヤが一列に並んだブルーとグレイの靴。

スキー歴も長いしアイススケートもできるなら簡単だよ、との言葉を真に受け
買って帰宅するやいなや早速装着。
それはそれは意気込んで公園に向かいました。



負傷。強烈なしりもち2回。
アスファルトに打ち付けられた座骨が痛くて痛くてしばらく立てませんでした。



えーと。
スキーよりもアイススケートよりも全然怖いですよ?
ちょっとでも重心が崩れるとローラーが勝手な方向へ転がってゆくですよ?

キティに支えられてなんとかベンチまでたどりついた横を
軽々と滑り去ってゆくのは小学生とおぼしき子どもたち。

今のままでは小走りくらいのスピードが精一杯で
ローラーで出勤などとんでもない。つか車道は無理。危険過ぎて。



「止まれる」
「転ぶときにはガードをつけた部位で受け身が取れる」
を目標にまずは頑張ります。押忍。
posted by YUKINO MATOI at 08:37| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月25日

気が済むまで話させて

頭の大半をオフにしてもそもそと衣類を片付けていた
就寝前の静かな時間にものすごく唐突な問い。
キティが一言「ねえゴスロリって何」と。

どのくらいの言語的な予備知識を持っているのかわからない人に
真っ向からの説明を試みるのか多少回り道をしてみるのか迷いながら
しかし愛のない物言いだけはしたくないぞ、などと決意して
断片的に「少女…耽美な……過度に…黒」などと話し始めたら
ようやく頭の中の整理がつき興が乗ってきた、というところで
「なんとなくわかったから、ありがとう」と話を打ち切られて
なんだかものすごく悔しい。

いつどこでだれになにをどのようにきかれたとしても
自分の大切にしているもののことくらい
その都度最大限に誠実で的確な言葉を選んで思いを託せるくらいでなくては
思い入れを語る資格なんてないと心得よ、と戒める。
でなければ思い入れているその相手に対してあんまりにも失礼だ。
posted by YUKINO MATOI at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月23日

「ユキノちゃん顔が90度になっとる」

出血が止まったからって痛みが引いたからって
抜歯後にぐいぐいお酒飲んだら腫れも増します。
あまりの腫れに巷では家庭内暴力の疑惑まで。

お酒が美味しいのは急に上昇した気温のせい。
お酒が美味しいのは久しぶりの男子禁制飲み会のせい。
お酒が美味しいのは大切な人たちと一緒に飲んでいるから。
日本にいたらきっと知り合うこともなかった人たち。
いつかはフライブルクを離れて別々に暮らす人たち。

男子は男子で楽しく飲んでいたようで
0時を回る頃オレンジ色のレイを首にかけて女子の部に合流。
終電も翌朝のことも誰一人口に出すことなく引き続き飲む。
下は2歳から上は42歳まで。ああ楽し。



もうしばらく春のくすぐったい空気を楽しんでいたかったのに
気づけば日差しは汗ばむほど強く、青葉が光の温度を変えてゆく。
目が眩みそうなほどの鮮やかな緑色が世界に放たれてゆく。

立ち止まる、という気が少しも起こらないほどの快感。
ぶつかるまで、くたびれるまでは、もう少しこのまま。
posted by YUKINO MATOI at 07:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月20日

抜歯完了

仕事の予定をきっちりと空けて三本目の親知らずを抜きました。
顔が片側だけ、再びクレヨンしんちゃんになっています。
とはいえ前回よりは格段に軽いダメージで済んでいるので
やはり何事も本格的に痛みはじめる前に手を打つのがいいかと。
これで腫れが引けば頬から顎にかけて少しだけ鋭く滑らかに、なるはず。
文字通り口の奥につかえていたものが取れ、とても晴れ晴れした気持ちです。



しかし日々布をちくちく縫っている側として
縫われる側にまわるというのはなかなか貴重な経験。
糸端を結んで止めるときの微かな圧力。
頬から唇にかけて皮膚の上を糸が滑る感触。
すぐそばで、ぱちん、と糸を切る鋏の音。
posted by YUKINO MATOI at 08:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月17日

2006年夏の帰国予定

7月18日 19:50 羽田着 EK6252
8月4日 20:40 羽田発 EK6251

どうして羽田発着かというとエミレーツ航空で帰るからです。
ドバイからは関空までしか行けず成田への直行便は無いのだそうです。
帰りはドバイに2泊。真夏のアラブは40℃を軽く越えるとか。
ラクダに乗ったりテキスタイルスークで素材探しに励んだりする予定。



日本というところは年に1回帰るところであって
住むところではないような気がし始めている。
いずれ考え方も変わって日本に帰りたくなるかも、と思っていたけれど
どうも住めば住むほどドイツから離れられなくなりそうな気配。
この場所をいずれ離れなくてはいけない、ということを前提に
この場所で真っ当に生きてゆく努力をしなくてはならないとしたら
なんだかそれも随分悲しい話だ、と深く深くへこんでしまった。
posted by YUKINO MATOI at 21:33| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月12日

爪を何度切ったか

細かい作業が多いので爪がよく欠けたり割れたりする。
布を引っ掛けて痛めたりしたくはないので
こまめに短く切って先をやすりで整える。
手入れと呼ぶにはだいぶ色気がない。
仕事の都合でマニキュアは塗らない。
ペディキュアは常時しているけれど。



何回爪を切り、何回ペディキュアを塗り直しただろう。
たった半月とも、もう半月とも思える間に
くっきりと夜の匂いが変わり地面からは微かに熱のこもった気配。

急き立てられている、と呼べるほど忙殺されてはいないけれど
自分の意志とは関係なしに体が前へ前へと運ばれてゆく春。

新しいことをいくつか始めてみました。
posted by YUKINO MATOI at 08:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。