2005年12月31日

笑い納め

暮れも押し迫った30日の午後
ぷりえさんのところから
もやしもんが我が家に派遣されてきました。

さッ…三巻はまだでありますかッ……!

おもしろいおもしろいよもやしもんー。
麹菌がかわいいんだよー。



発酵食品への愛がますます深まりました。
ヨーグルトを買ってこようっと。



夜はいつものみなさまと忘年会をいたしまして
顔が引き攣れるほど笑わせていただきました。
霙の降る中帰宅して昼前に目覚めると
外では早々に打ち鳴らされる爆竹の音。

皆様もどうぞ良いお年をお迎えください。
posted by YUKINO MATOI at 20:36| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月29日

ヴォルパーティンガーちゃん

荒俣宏先生のブログにてサイパンのマスコットキャラクター「サイパンダ」のお話。
気になったのはその下。

かわいらしい系の怪物としては、
ドイツ、ミュンヘン空港で買える地元土産
「ヴォルパーティンガー(ツノの生えたウサギの妖怪)」
に比肩できる珍品ぬいぐるみである。


なんですかヴォルパーティンガーって、と思ってグ先生に聞いて探した。

Wolpertinger

角があって牙があって羽根があって後ろ足には水かきもある。
かわいい。こいつはかわいい。惚れた。
クトゥルーちゃんよりもこっちのほうがずっと好みだ。

ミュンヘン空港まで行かないと買えないのかなあ。
posted by YUKINO MATOI at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月28日

【速報】

仮ヴィザ卒業!
2007年12月までの正規ヴィザ取得!
これで少なくともあと2年はここで生きてゆけそうです。
posted by YUKINO MATOI at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月18日

睫毛の先に青い火花の散るように

旅行から戻って熱を出して寝込んで以来
起きて仕事して学校行ってまた寝付いてを繰り返して
気がつけば師走も半ばを過ぎて街には二度目の雪が降りました。

もう来年まで学校もありませんし
あとは1点でも多く作品を作ることと
1秒でも早く正規ヴィザが降りるように願うこと
1mgでも来年に持ち越す宿題を減らすことが課題です。



体のあちらこちらが閉じています。
posted by YUKINO MATOI at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ものすごく憧れて、一生口にできない言葉

「丈夫なだけが取り柄です。」
posted by YUKINO MATOI at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月06日

旅の途中のすてきなこと箇条書

2泊3日の旅の拠点はミュンヘン
アウグスブルク経由
ミニチュア好きの心をくすぐるバイエルン州のクリスマスマーケット
初日の夜は相方の友人のお宅にて職人技の和食を堪能

2日目、日本からやってきた友人と再会
ミュンヘン―レーゲンスブルク日帰り往復
ヴァルハラ神殿の向こうは地平線と一面の雪景色
夕焼けの空を映画の『ガタカ』みたいに飛行機が次々横切っていた
信じられないくらいに遠くまで世界を見渡せた

夜、友人からお土産を受け取って別れる
リクエストしたのは『装苑』と『KIMONO姫』
栗山千明の袴姿がなんて麗しいこと
もうひとつ、クリスマスプレゼントにもらったピアスが
あまりにも好みにぴったりで嬉しくて嬉しくてちょっと泣く

3日目はニュルンベルク経由で帰る
ドイツで一番有名なクリスマスマーケット会場
プレイモービルハウス発見
なぜかアウトレット価格
よろこびにあふれつつここぞとばかりに大物を買う
クリスマス菓子もきっちりと買う
フライブルク駅のホームでベンチに激突
手のひら大の巨大なあざをこしらえて帰宅
posted by YUKINO MATOI at 10:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅のことードイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月04日

かなわないとわかっているものに対し決して嘘をつかないでください

「ナイトー先生最近来ないけど
 仕事忙しいんですか?」

「は?」

「え?」

「ナイトーくんが忙しいかヒマかなんて
 アテシ知りませんよ?」

(『KIMONO姫[6]』より やまだないと『ミロリヒメ』)




幸運にして姉弟三人が三人とも
僻まれるほどに秀でているわけでもなければ
厄介者と思われるほどに不出来なわけでもなく
お互い大したコンプレックスを持つこともなく
横並びに育った(と長女は考える)ので

もしも自分がものすごく出来の良い兄を持っていたら
きっと今のこの気持ちは
出来の良い兄に対する鬱屈した妹の気持ちなのだろう、と想像する。

相方を一撃で倒せるような必殺技
または鉄壁の防御術を開発したい、と
旅から帰って決意する。
posted by YUKINO MATOI at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月03日

ミュンヘンから帰ってきました

楽しいことも苦しいことも山のようにあって
躁鬱を行ったり来たり繰り返した結果
どうも弱ってしまったみたい。

フライブルクにも早く雪が積もればいいのになぁ。
目に入るもの全部、真白くなってしまえばいいのに、早く。
posted by YUKINO MATOI at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月01日

ミュンヘンに来ています

相方の友人宅で鍋をする予定でお邪魔したら
自分で湯葉を汲んで食べられるようにと
豆乳の鍋のふつふつしたのが出てきて
感激に撃沈しました。

というか仲間内で「鍋」って約束で会ったのに
最初にお通しが出てくるなんて初めてです。

その道のプロのお宅は違うなぁ!
posted by YUKINO MATOI at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。